カスタムピストン Part2

オプション解説

ピストン製作時に用途、目的に応じてオプションの加工を追加することが可能です。 以下、名称はCP社のものとなります。他社でも同等のオプションが用意されています。

コンタクトリダクショングルーブ
contact reduction grooves トップランドに複数の溝を刻むことで、主に対焼き付き性を向上させます。 スカッフ(微小な焼き付き)を溝で止める事で、焼き付きにまで悪化する事を 防ぎます。アンチデトネーショングルーブス、スカッフセレーション、ラビリンス加工とも呼ばれます。
アキュムレーターグルーブ
accumulator groove セカンドランドにV字溝を掘り、トップリングとセカンドリングのガス容積を増やし、 トップリングのフラッタリングを防止、ガスシール性能を向上させます。 ブローバイの低減や、オイル消費の低減も望めます。
以上の二点はハードチューニング用は勿論、ストリート用としてもトラブル防止、 性能向上の狙いから採用をお勧めしています。
ピストンピンオフセット
純正ピストンでは採用されることが多いピストンピンオフセットを設定します。 アイドリング〜低回転でのスラップ音(ピストン打音)を低減させたり、 ピストン挙動をコントロールすることで、ピストンリングの働きを補助する 作用があります。ピストンごとに連桿比、重心位置等が異なる為、 最適なオフセット量を割り出すことは難しいですがボアの1%〜1.5%程度が目安となります。
スカートコーティング
moly dly firm coating モリブデン系のコーティングでフリクション低減、馴染性の向上等の効果があります。 後加工でコーティングを行うより安価に追加できます。WPCを行わない場合に お勧めです。
Xタイプ鍛造型
X type forgings 主にNA用ハイコンプピストン向けに専用設計された鍛造型を使用します。 鍛造型の段階で徹底的に肉抜きされているので非常に軽量に仕上げることが可能です。 そのかわり、適用が限られるので採用の可否の確認が必要です。
薄型ピストンリング
NA向けの薄型ピストンリングです。1.0mm、1.2mm、2.0mmのCPN2、 1.0mm、1.0mm、2.0mmのCPNG2が一部サイズですが用意されています。 張力も標準の物より抑えられており、フリクション低減に効果的です。 標準のリングは1.0mm、1.2mm、2.8mmです。
サポートレール
オイルリング溝に使用することで、溝をピン穴にオーバーラップさせる事が可能となります。 ピストンのコンプレッションハイトの短縮時やバルブリセスを増した際の寸法調整に 使用します。
ハードアルマイト
hard anodize ピストン全体や、冠面〜トップリング溝まで等、様々な範囲で対応可能です。 高過給時の溶損防止や、リング溝の耐磨耗性、耐スカッフ性の向上が期待出来ます。
KRAMM−LOX Sure lox
一般的なサークリップに変わる新たなクリップです。クリップの回転を防ぎ トラブルを防止するのが主な効果ですが、専用工具を用いて組み付けや分解を 短時間で確実に行うことが出来ます。エンジン屋なら大喜び間違いなし。 詳細はこちらをご覧下さい。
裏面軽量加工
underhead milling 冠部裏側を機械加工で軽量化します。冠面形状に合わせて設計、加工するので 型の形状によらず、なるべく軽く仕上げることが可能です。初回製作時に 設計料が必要です。究極のピストンをお望みの方に。
DLCピストンピン
DLC加工済みのピストンピンを選択可能です。フリクション低減に効果があります。 ラインナップが限られますので、確認が必要です。
特急製作
特別にお急ぎの場合に、追加代金を支払うことで通常より早く製作することが可能です。
その他
冠面形状に関するもの、ピンボタン等、他にも追加可能なオプションがあります。 必要に応じてご案内しております。詳細はピストンメーカーのカタログをご覧頂くか お問い合わせ下さい。

よくある質問

製作例(コンプレッションハイト短縮、圧縮比アップ)
ピストンリングの特注は可能ですか?
ピストンリングの特注も可能ではあるのですが、費用、信頼性の問題がありますので、 通常はピストンメーカーで用意しているサイズより選択して採用します。サイズが無い場合や 希望に応じてピストンリングメーカーの既製品より選択するケースや、純正品を使用する場合も あります。多くのサイズで0.5mm刻みでラインナップがあります。

製作可能なボアは?
ピストンリングのラインナップは0.5mm刻みですが、ピストン本体の直径は自由に設定可能です。 リングは合口隙間を調整することで大き目のサイズを使用することが出来ます。 いくつまでボアアップ出来るか?といったデータはありませんので、ボアアップの実績の確認、 ボアの指定はお客様にてお願いします。

鋳造での製作は?
すべて鍛造型をベースに、機械加工で仕上げた製品となります。鋳造品での製作は 行っておりません。似たような組成の合金でも一般に鍛造の方が組織が密になり、強度が 向上します。巣の発生もありませんので製品の強度も高まります。

材質は?
CP社、JE社(一部除く)は高温強度に優れるAA2618、Wiseco社は 低熱膨張のAA4032、一部AA2618となります。

ピストンピンの特注は?
既製品よりの選択となります。CPではミリサイズのみのラインナップとなります。 他メーカー製品との組み合わせや、純正ピンに合せての製作は可能です。 ピストンピンのみ国内で製作することも可能ですが、別途費用が必要となります。

特殊シリンダーへの対応は?
CP社の日本車向けピストンリングはニカジルメッキ等の特殊材質にも対応しています。 ボーリングが不可能な場合、クリアランスの設定、ピストン径の指定が難しいので 詳細な打ち合わせが必要となります。

ピンハイトの制限は?
ピン上寸法、コンプレッションハイト等と呼ばれる、ピストンピン中心より ピストン上面肩部までの寸法の事です。 市販エンジンの場合、ランド寸法、リング寸法、ピン径/2の合計以上の制約がありますが、 オイルリングにサポートレールやピンボタンを採用することで さらに短縮する事が可能です。

勝手違いへの対応は?
ターンフローエンジン、V型エンジン等で、バルブ配置やピンオフセットの 勝手違いが有る場合にもそれぞれに専用製作で対応可能です。

2スト向けの特注は出来ますか?
対応出来る鍛造型が有れば製作出来ます。最小数量がCPは2気筒から、 WisecoとJEは4気筒からとなります。2ストはWisecoが最も鍛造型が充実しているようです。

ディーゼル用のピストンは製作できますか?
対応出来る鍛造型が有れば製作出来ますが、ガソリン用とは主要寸法が大きく異なりますので 現状ではほぼ不可能となります。

数量割引はありますか?
3台分以上(12気筒以上)から数量割引が適用されます。12気筒分の場合で5%程度の 割引となりますが、一台分製作し、実機でテストしてからの量産をお勧めします。

注文方法

サンプルピストンと希望のボア等の最小限のデータから製作する事が可能です。 チューニング用途向けの場合は、バルブリセス寸法(冠面からの深さ、位置等)、 容積などをはじめ、大部分の形状、寸法を指定可能です。

参考資料

ピストン用アルミ材料の物性をまとめてみました。CP社、JE社(一部除く)がAA2618、 Wiseco社がAA4032です。4サイクル用の純正品の場合、鍛造品はAA4032、 鋳造品はAC8Aが主流のようです。様々なメーカーを試していますが、 実際のピストンクリアランスはピストンの設計、プロフィール、シリンダー材質、 加工方法、用途等に因るところが大きいと思います。 AC8Aは参照資料が異なるので正確な比較は出来ませんが、参考にはなるかと思います。
合金 AA2618 T6 AA4032 T6 AC8A
高温強さ(N/mm2、150℃) 345 290 約200
熱膨張係数(10−6/℃、20℃〜200℃) 23.2 20.2 21
密度(g/cm2) 2.76 2.69 2.70
Si含有率(%) 0.2 12 12
参考文献
山海堂 自動車用ピストン
山海堂 エンジンデータブック04/05
参考URL
アルミワールド 住友軽金属(株)様http://www.alumi-world.jp/oshidashi/2106c01a.html
アルミハンドブック 渡辺商事様http://www.zerocut-watanabe.co.jp/contents/handbook/hand042.html
サンタ軽金属(株)様http://www.santa-lmc.co.jp/snt14.html


戻る