EP82ボディー補強

s04-01.jpg
ロールバーのボディー溶接留めを行います。バーの根元、フロア部分での溶接留めも検討しましたが、 今回は見送り。一番効果が大きそうなAピラーの根元で溶接留めを行います。フロント側のバーは一番長く、 曲げ角度も大きいので、そのほぼ中間で、しかもフロントのストラットタワーの近くで固定される効果は 大きいです。
s04-02.jpg
反対側も完了。バーをたたいた際の振動周波数が3倍、振幅1/3程度に激変しました。 実際に走行してみてもフロントのしっかり感が向上していました。ダッシュボードを取り付けると 見えないので、通常のAピラー溶接留めと比べてすっきりです。フロントガラスの脱着も不要です。 ダッシュ貫通のロールバー装着車にはお勧めできる補強です。

Back..Top..